こんばんは、ジョージ滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。
ANAマイルの使いみちについて年頭にいろいろと考えてメモしたままになっていたのですが、ちょっと整理してみましたので紹介したいと思います。

過去記事でも紹介した通り、昨年は36万マイル超とかなりのANAマイルが貯まりました
そして今年もいいペースで貯まってきています。

(過去記事)
・暮れのごあいさつと今年の獲得マイル2014:マネテク!

つまり、ANAマイルが増え続けている状況な訳ですが、こうなってくると、増え続けるANAマイルをどうやって消化するか、という点が重要になってきます。

a0790_000082_m

王道のビジネスクラス特典航空券が利用困難に

これまでは、1マイルあたりの単価を考え、購入すれば数十万円する国際線のビジネスクラスを特典航空券で利用するのが王道と考えていて、実際にこれまで、ハワイ、バンコク、グアム、香港と国際線ビジネスクラスの特典航空券で消化してきました。

ただ、子どもが2歳になって座席が必要となった瞬間、一気にハードルが上がりました。
2人分の座席は取れても、3人分の座席をビジネスクラスの特典航空券で予約するのは至難の技です。

結果的に、昨年はANAマイルをANAスカイコインに交換して、普通に航空券を購入して海外旅行に行きました。
この方法には、燃油サーチャージを含む諸費用も(ANAスカイコイン経由)ANAマイルで支払えるため、懐がいたまないというメリットがあります。

ポイントがマイルに変わるまでのタイムラグも考慮要

また、昨年の管理人の獲得マイルの過半を占めたのはハピタスで獲得したポイントなわけですが、実はこのハピタス経由のANAマイルにも問題があります。

(過去記事)
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術:マネテク!

その問題とは、すぐにマイルに交換できるわけではない点です。

ハピタスで獲得したポイントは、交換レートを極大化するためにハピタス→Pex→東京メトロポイント→ANAマイル、というルートで移行して行くわけですが、まずハピタスからPexの時点で毎月交換できるポイントがANAマイルに換算して27,000マイル分までという上限があり、さらに東京メトロポイントからANAマイルの交換は毎月18,000ANAマイルまで、という上限があります。

したがって、年間216,000マイルが実質的な上限となり、それ以上のポイントを獲得したとしても、ハピタスあるいは東京メトロポイントに滞留していくということになります。

何とかうまく使うことはできないか

上記のような問題を考慮した上で、何とかして貯まりゆくANAマイルを効率的に使いたい、といろいろと思いを巡らせてみました。
まず思いついたのが、修行です(笑)。

ANAプラチナ修行の航空券費用はマイルでまかなえる計算

沖縄単純往復で理論値を計算してみると、ANAプラチナ達成の条件となる500,000PPを獲得のためにプレミアム株優で9往復(正確には8.5往復+株優片道)した場合の参考料金が510,120円となります。

(過去記事)
・ANAプラチナ修行の皮算用:マネテク!

昨年末時点でのマイル残高が102,311マイル、クレジットカード利用による獲得ポイントは一切マイルに交換しないとしてもハピタスの年間216,000マイルがあるので最低予想マイル残高が318,311マイルとなります。

これをANAスカイコインに交換すると、管理人はANA VISAワイドゴールドカードホルダーなので1.6倍となって509,298円分のANAスカイコインに交換できます。

さらに、修行をすれば修行そのもので獲得できるマイルもありますから、航空券費用は貯まっているマイルでまかなえるということになるわけで、修行もありかと思いました。
注:2015年はひたすらポイントをマイルに交換し続けるので、実際に修行するとすれば2016年です(笑)。なお修行の前提は2014年のものを使用していますので、2015年にルール変更等があれば全く変わってくる可能性もあります。

ただ、修行した結果得られるものが今の自分にはあまりにも不要な気がしていて、休みの日に小さい子供たちの世話を妻に任せてまでする価値を感じない、というのが正直なところです。
最近は出張もないので飛行機に乗るのは家族旅行がほとんどで、子供の年齢を考えると子連れでラウンジでのんびりという感じでもないですし、優先搭乗はさせてもらえますし、できれば他の使いみちがあれば、という感じです。

初心に帰って国際線ビジネスクラス

というわけで初心に帰って国際線のビジネスクラスの空席を探してみたりもしましたが、やはり希望に合うものを3席、はなかなか見つけられませんでした。

最終的に、国内旅行を検討中

最終的に、国内旅行に行きまくる、という線で着地しようと思っています。
1回の国内旅行で3人合計45,000マイルくらいと考えると、2か月に1回くらい国内旅行に行けば消化できるかと思っています(笑)。

まとめ

マイルの貯め方は正しく情報を集めて手間を惜しまなければ、それほど難しくありません。
一方で、上手にマイルを使うのは、使う人の環境や考え方によってお得な使い方が大きく異なってくることも含め、難しい部分が大きいと思います。

せっかく苦労して貯めたマイルは、効果的に使いたいですよね。
管理人も、今後も効率的な使い方を追求したいと思います!

みなさんのマイルの使い方も、ぜひコメントやメールなどで教えて頂けると嬉しいです。
また、管理人へのアドバイスもお待ちしています(笑)。