こんばんは、バニラ大好き、
バニラ滝川@マネテク!です。

ANAのマイルを貯めると、ANA系列のLCC、バニラエアのフライトも
特典航空券を利用して無料で搭乗することができます。

355日前から予約が可能なANAの国際線特典航空券や
2か月前から予約が可能なANAの国内線特典航空券とは異なり
一定のタイミングで予約可能な期間がスライドしていく方式となっており、
現在は、国際線、国内線ともに2015/10/24までの予約を受け付けています
(成田⇔奄美大島、成田⇔ソウル等、一部を除く)。

medium_15949220550
photo credit: wongwt via photopin cc

バニラエア特典航空券の概要

バニラエアで特典航空券が利用できる路線と必要マイル数は以下の通りです(いずれも往復)。
なお、国内線は片道利用が可能ですが、国際線は必ず往復での利用が必要です。

特典航空券必要マイル

成田⇔札幌 10,000マイル
成田⇔奄美大島 10,000マイル
成田⇔沖縄 12,000マイル
成田⇔ソウル(仁川) 15000マイル
成田⇔台北(桃園) 28,000マイル
成田⇔高雄 28,000マイル
成田⇔香港 28,000マイル

この数字を見て、これは果たして得なのだろうか?と思った方も多いと思います。
参考に、各路線の運賃(最安値)は以下の通りです。

各路線の運賃(最安値)

成田⇔札幌 4,800円
成田⇔奄美大島 5,500円
成田⇔沖縄 5,900円
成田⇔ソウル(仁川) 4,000円
成田⇔台北(桃園) 7,000円
成田⇔高雄 7,000円
成田⇔香港 8,000円

ちょっと表にしてみます。

特に国際線特典航空券利用時のマイル価値が低い

計算上のマイル価値は、一番高い奄美大島路線でも1マイルあたり1.1円、
国際線は全体的に低調で、一番低い台北/高雄路線では1マイルあたり
たったの0.5円とかなりお得感がない感じです。

路線 必要マイル 最安運賃 1マイル価値
成田⇔札幌 10,000マイル 9,600円 0.96円
成田⇔奄美大島 10,000マイル 11,000円 1.10円
成田⇔沖縄 12,000マイル 11,800円 0.98円
成田⇔ソウル(仁川) 15,000マイル 8,000円 0.53円
成田⇔台北(桃園) 28,000マイル 14,000円 0.50円
成田⇔高雄 28,000マイル 14,000円 0.50円
成田⇔香港 28,000マイル 16,000円 0.57円

最安値での計算なので実際にはもう少し価値が高まるケースが多いと思いますが、
それにしても1マイル1円で電子マネーに交換した方が
マシなのではないかと思えるレートになっています。

燃油サーチャージを加味すると、国内線と同等の水準に

ただ、バニラエアのいいところは国際線の燃油サーチャージが不要なところです。
参考に、ANAの燃油サーチャージ金額を加味して計算すると、
国際線の場合でもマイル価値は1マイル1円程度になります。

路線 必要マイル 運賃 1マイル価値
最安運賃 燃油 合計
成田⇔札幌 10,000マイル 9,600円 0円 9,600円 0.96円
成田⇔奄美大島 10,000マイル 11,000円 0円 11,000円 1.10円
成田⇔沖縄 12,000マイル 11,800円 0円 11,800円 0.98円
成田⇔ソウル(仁川) 15,000マイル 8,000円 4,000円 12,000円 0.80円
成田⇔台北(桃園) 28,000マイル 14,000円 11,000円 25,000円 0.89円
成田⇔高雄 28,000マイル 14,000円 11,000円 25,000円 0.89円
成田⇔香港 28,000マイル 16,000円 11,000円 27,000円 0.96円

個人的には他にいい使いみちがあれば
あえてバニラエアの特典航空券を取ろうとは思いませんが、
ANAの国際線特典航空券だと毎回燃油サーチャージが結構な金額になるのが
気になったりするので、燃油サーチャージの支払いがないのは魅力的だと思います。

ちなみに、成田⇔香港路線とか、成田朝8時~9時台出発の現地12時~13時台着、
現地13時台~14時台発の成田18時台~19時台着と、
意外にもLCCらしからぬ(?)いい時間帯のフライトだったりするので、
マイルはあるけど貯金はない(笑)、というような場合はうまくはまるかもしれません。

というわけで、バニラエアの特典航空券、オススメです。

(参考リンク)
・2015年3月29日以降のバニラエアの特典航空券の受付を開始いたします│ANA SKY WEB