※最新のキャンペーン情報は、こちらからご覧下さい。

ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)の恩恵に預かりまくっている
ソラチカ滝川@マネテク!です。

このソラチカカードのおかげで、普通に今年に入ってからだけでも
10万マイル以上は獲得していると思います。
使いこなせば本当にすごいカードです。

というわけで、今回は、そんなソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)が
現在実施している期間限定の入会キャンペーンの攻略法を紹介したいと思います。

ソラチカカードボーナスキャンペーン

※下のバナーには「7,000マイル」と書いてあるかもしれませんが、
上のキャプチャーの通り、23,100マイルが獲得可能なキャンペーンを実施中です!


ではさっそく、現在行われているソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)の
入会キャンペーン内容から紹介していきたいと思います。

まずは入会ボーナスマイルが1,000マイル

入会するだけで、無条件にボーナスマイルがもらえます。
ここは通常時と同様に、一般カード基準で1,000マイルが獲得できます。

さらにJCBオリジナルキャンペーンのボーナスマイルが6,000マイル

上記の入会ボーナスマイルはANAカードの共通施策ですが、
ここからがANA JCBカードオリジナルのキャンペーンになります。
便宜上、獲得マイル数を記載していますが、
厳密に言うとOkiDokiポイントというJCBカードのボーナスポイントが付与され、
そのポイントをANAのマイルに移行する形となります。

なお、付与されるのはボーナスポイントなため、
後述のマイル移行手数料はかからない点が密かなポイントです。

入会後4ヶ月間のクレジットカード利用額25万円以上で3,750マイル

入会後4ヶ月間のクレジットカード利用額25万円以上で3,750マイルを獲得可能です。
期間、金額を考えるとそれほど高くないハードルだと思います。

携帯電話、公共料金の支払で最大900マイル

携帯電話や公共料金の支払いを切り替えることで、
最大900マイル
を獲得することができます。
これも簡単にクリアできる条件だと思います。

QUICPayの登録と利用で750マイル

ポストペイ(後払い)型の電子マネー、QUICPayに登録し、
3,000円以上利用すると、750マイルが獲得
できます。
QUICPayは多くのコンビニ等で利用できますので、3,000円は余裕です。
ちなみにQUICPayでの決済時になる音(Edyでいうところの「シャリーン♪」)は、
「クイックペイ!」という潔い直球勝負です(笑)。

「支払い名人」の登録で450マイル

「支払い名人」とは、三井住友カードで言うところの「マイ・ペイすリボ」です。
つまり、全ての支払をリボ払いにすることができ、かつ、繰上返済すれば
リボ払いの手数料は不要とすることができる、便利なサービスです。
登録するだけで450マイルもらえます。

毎月の支払額は自由に決められるので、
リボ払いに抵抗がある方や、設定額を超えて繰上返済するのが面倒、という方は
高めの額に設定しておくとよいと思います。

以前は「全額コース」というイマイチ存在意義が理解できないコースがあって
管理にも全額コースに登録していたのですが、
現在はなくなっているようですね…。

MyJCBへのログインで150マイル

普通に利用額を確認したりするためにログインしますので、
このブログを見ている(=インターネットが使える)方であれば、
間違いなくクリアできるハードルだと思います(笑)!
登録してログインするだけで150マイルです。

というわけで、ここまでのボーナスマイルを足し上げていくと、
JCB独自のキャンペーンの合計で6,000マイルが獲得できる、という計算になります。

さらにソラチカ限定キャンペーンで16,100マイル上乗せ

今回のキャンペーンは、なんと、ANAカードのキャンペーン、
JCBのキャンペーン
に加えて、ソラチカ限定キャンペーンもある
前代未聞の3本立てキャンペーンになっています。

管理人が知る限り、ソラチカカードのキャンペーンで
この充実度は初めてです。
では具体的な内容を見て行きましょう。

キャンペーン登録で2,000マイル

キャンペーンに登録してメルマガ受け取りをOKにすると、
ANAから1,000マイル、JCBから1,000マイルの
合計2,000マイルがもらえます。

メトロポイントPlusに登録で900マイル

東京メトロの「メトロポイントPlus」に登録すると
900マイル
がもらえます。

メトロポイントPlusは、
ソラチカカードのPASMO(交通系電子マネー)を使用して
地下鉄に乗った時にポイント(もちろんANAマイルに移行可能)が
貯まるように登録するサービスです。
登録料はもちろん無料です。

6か月以内に50万円利用で13,200マイル

6か月以内に50万円利用で13,200マイルがもらえます。

ただし注意しなければならないのは、
「支払い名人で5万円以下の登録をしたうえで」という一文です。
つまり、毎月の利用額のうち、5万円を超えた部分については
放っておくとリボ払い手数料が発生するということです。

ちょっと手間ですが、個別に繰り上げ返済を行えば
手数料は発生しない
はずですので、
繰上返済で対応するのがよいかと思います。

ここまでのソラチカカードの独自キャンペーン
獲得できるANAマイルは、合計でなんと16,100マイルにものぼります。

したがって、ANAカードの入会ボーナスが1,000マイル、
JCBのキャンペーンボーナスが6,000マイル、
ソラチカ限定キャンペーンのボーナスが16,100マイル
ということで、
合計での獲得マイルはなんと23,100マイルにもなります。

気になるコストパフォーマンス

ボーナスマイルがトータル23,100マイルというのはなかなかの大量マイルですが、
実際にどれくらいのメリットがあるのか、
コストも勘案して評価してみたいと思います。

ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)は初年度年会費無料

コストとして見ておかなくてはならないものの筆頭が年会費ですが、
ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)は初年度年会費が無料です。

マイル移行手数料は年間2,000円

続いてマイル移行手数料です。
1ポイント=5マイルコースであれば移行手数料は不要ですが、
本気でマイルを貯めるなら1ポイント=10マイルコースを選択した方がよいです。

この場合、年間2,000円の移行手数料が必要です。

ただし、ポイントの有効期限は2年間のため、
クレジットカードの利用により獲得したポイントを
ある程度まとめてマイルへ移行するのであれば、
移行手数料は年間1,000円以下に節約することができます

まとめ

というわけで、入会後4ヶ月で60万円を利用したとして
損益を計算
してみると、以下の通りとなります。
なお、1マイル=2円で計算しています。

入会ボーナスによる獲得マイル:23,100マイル
クレジットカード利用によるボーナスマイル:6,000マイル
合計獲得マイル:29,100マイル→58,200円相当

年会費:無料
移行手数料:1,080円
合計費用:1,080円

トータル損益:58,200円-1,080円=57,120円

これはなかなかのコストパフォーマンスだと思います。

還元率は、なんと100円あたり4.85マイル!

ちなみに、60万円という利用額に対する還元率で計算すると、
29,100÷600,000×100=4.85なので、
100円あたり4.85マイルという超高還元率になっています。

これだけの還元率であれば、現在、他のクレジットカードでANAマイルを貯めている方が
ボーナスマイル狙いで入会して4ヶ月間使い倒す、というのもあり
だと思います。
管理人もこんなキャンペーンがある時に入会したかったです…。

ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)はANAマイラーの必須カード

ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)を持つメリットは、
実は入会キャンペーンのボーナスマイルだけではありません

というのも、今やANAマイラーとして大量のマイルを獲得するためには
必要不可欠なカードになっているからです。

というのも、様々なポイントからの移行によってマイルを獲得する場合、
ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO)を持っているかいないか
移行レートが大きく変わってきてしまうのです。

したがって、入会キャンペーンに関わらず、持っておくべきANAカード
ということが言えると思います。
そしてどうせ入会するなら、キャンペーンがお得な今がオススメです。

詳細は、過去記事でまとめていますので、ぜひご覧下さい。

(過去記事)
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術:マネテク!

キャンペーンは2014/9/30まで

当キャンペーンは2014/9/30までの期間限定です。
ピンと来た方はぜひ申し込んでみてください。