こんばんは、デルタ航空のマイレージプログラム、スカイマイルにも加入している
メダリオン滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

というわけで、遅ればせながら、
今年もデルタ航空のあのキャンペーンが延長される、というニュースです。

Delta A319 rudder - La Guardia Airport Kiwanis Kid's Day 2010 / Darlyn Perez
Delta A319 rudder – La Guardia Airport Kiwanis Kid’s Day 2010 / Darlyn Perez

ニッポン500マイルキャンペーン

というわけで今回は、過去にはノースウエスト航空時代から実施されていた、
デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」延長のニュースを紹介したいと思います。

・ニッポン 500 マイル・キャンペーン

キャンペーンの内容

この「ニッポン500マイル・キャンペーン」は、
国内線に搭乗すると、デルタ航空のマイレージプログラム、
「スカイマイル」の500マイルを獲得できる

というキャンペーンです。

あれ、デルタ航空に国内線なんてあったっけ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうではありません。

対象となるのはJAL、ANA、スカイマークなど全ての国内線で、
航空会社、路線に関わらず一律500マイルが獲得できるのです。

特筆すべきは、JALやANAで搭乗時にマイルを獲得した航空券でも
デルタ航空のマイルを獲得することができるため

JALとデルタ航空、あるいはANAとデルタ航空、といったように
マイルの二重獲りができることです。

特にデルタ航空の場合、獲得したマイルを無期限に貯めることができるため、
JALやANAメインという方でもコツコツと貯めていくことができ、
非常に魅力的なキャンペーンだと思います。

ただし、フライト後2ヶ月以内にデルタ航空必着
通常会員は年間10フライト(=5,000マイル)まで
といった制限がありますので注意が必要です。

なお、デルタ航空のマイレージプログラム、「スカイマイル」の
上級会員の場合は、年間40フライト(=20,000マイル)まで制限が緩和されます。

そしてここに大きなポイントがあります。

上級会員になってマイルを荒稼ぎする方法

デルタ航空のマイレージプログラム、「スカイマイル」の上級会員には、
シルバーメダリオン会員、ゴールドメダリオン会員というランクがあるのですが、
実はこの上級会員の資格を、お金で買うことができるのです。

具体的には、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
を持つだけで、上級会員になることが可能
です。

なお、シルバーメダリオン会員になるための年会費は12,600円です。

頻繁な国内出張などで年間40フライトする方などは、
20,000マイル分だけでも余裕で元がとれると思いますので
ぜひ検討してみて下さい。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

(過去記事)デルタアメックスカードへの入会で夢の上級会員に!?

申請方法

さて、ニッポン500マイルキャンペーンに話を戻すと、具体的な手続きとしては、
デルタ航空のホームページからフォーマットをダウンロードして必要事項を記載の上、
搭乗を証明できるものを貼り付けて郵送またはFAXでデルタ航空に送るだけという、
非常に簡単な内容になっています。

・ニッポン500マイルキャンペーン 申請フォーマット(pdf)

ちなみに以前は半券をセロテープで貼ってFAXしていたのですが、
チケットレス化以降、Skipなどの導入により通常は半券がありません。

この場合は、搭乗口でタッチしたときに出てくる
搭乗券(レシートのようなもの)を貼ればオーケーです。

念のため、実際に管理人がFAXした例を写真で添付しておきますので参考にしてください。
※フォーマットは改定されていますが、記載内容はほとんど変わりません。

nippon500

ただし、ご覧になって分かるとおり、チケットレス化後の搭乗券は
半券よりもサイズが大きいので、
以前のように半券であれば一度に4枚送れたのが
一度に2枚ずつしか送れなくなってしまいました…。

しかし、2枚ずつしか送れなかろうと(笑)お得なことには変わりありませんので、
ぜひこのキャンペーンを利用してマイルを獲得してみてください!

結論:全ての方にオススメ

というわけで、頻繁に国内線に乗る方はもちろん、
飛行機に乗る機会のある全ての方に、オススメです。

獲得したマイルに有効期限がないという特長を最大限に活用して、
もらえるものは全てもらっておくことをオススメします。