こんばんは、最近ドラッグストアと言えばマツモトキヨシな、キヨシ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です(笑)。

以前は生活圏内にマツモトキヨシがなかったのですが、最近近所にマツモトキヨシができたので、よく利用するようになりました。

そこでマツモトキヨシについて、陸マイラー的な観点から見てどれくらいお得なのか改めて調べてみましたのでメモしておきたいと思います。


というわけで、さっそくどれくらいマイルが貯まるのか、計算してみましょう。

マツモトキヨシはEdyマイルプラス対象店舗なので、Edy支払いによるマイルは通常の2倍となります。

・Edyマイルプラスで200円2マイル

さらに、マツモトキヨシのポイントも獲得でき、これがANAマイルに移行可能です。

・マツモトキヨシのポイントが、100円あたり1ポイント=0.2マイル

この時点で、100円当たりに引き直すと1.2マイル、2.4%の還元率になります。

加えて、Edyチャージによりマイルが獲得できていればさらに還元率は高まります。
例えば、昨年実施されていたコンビニチャージのキャンペーンであれば、100円あたり1マイルが獲得できましたので、合計で、100円あたり2.2マイル、4.4%となかなかの高還元率となります。

(関連記事)
・(今さら)コンビニでEdyチャージ!キャンペーン

手持ちのEdyに残額がなく、チャージでマイルが貯まるようなこともない、というような場合は普通にANAカードで購入することになると思いますが、この場合、ANA VISA(Suica)カードで100円当たり1.28マイル、マツモトキヨシのポイントとあわせて1.48マイル、2.96%の還元率、という計算になります。

ということで、マツモトキヨシを利用するなら、Edyチャージのキャンペーンがうまく利用できるとお得になりそうです。
逆に言えば、Edyマイルプラス対象店舗と言えども、Edyチャージの時点でマイルが獲得できないのであれば、無理してEdyで支払う必要はない、と言えます。