マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めているジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

元旦に妻の実家に行こうと思って車に乗ったところ、スピードメーターとタコメーターの間に普段見かけない表示が…。

表示されていたのは給油マークで、走行可能距離は38kmと表示されていました。
やばいやばい…。

妻の実家への新年のあいさつを済ませた後、ガソリンを入れにガソリンスタンドへ行くことにしました。
向かったのは、ANAカードマイルプラスの対象となっている、「ENEOS」です。

eneos


実は最近まで、給油の際には自宅から一番近いESSOのセルフスタンドを利用していたのですが、ANAカードマイルプラスは見逃せない、と考えを改め、今回はちょっと足を延ばして(といっても近所ですが)ENEOSのセルフスタンドに行くことにしました。

訪れたENEOSのガソリン価格は以下の通りでした。

現金一般 130円/1リットル
カード一般 130円/1リットル
現金会員 127円/1リットル

ちなみに現金会員用のカードは、普通に給油機の前面に取り付けられたカゴの中に無造作に入っていて、「ご自由にお持ち下さい」となっていました。

ということで、実質的には現金一般は存在しないと思いますので、カード一般と現金会員でどれくらいお得度に差が出るのか検証してみたいと思います。

まず、ANA VISA Suicaカードで支払うとすると、100円あたり1.28マイル(計算式は「今、一番得するマイレージ」をご覧下さい)となりますので、130円で1.664マイルが獲得できます。
また、ANAカードマイルプラスなので100円あたり1マイルが獲得できますので、1.3マイルも獲得できます。
合計では、1リットルあたり2.964マイルですから、1マイル2円で換算すると、5.928円相当ということで、実質の1リットルあたり価格は、124.072円と、現金会員価格の127円を大きく下回る結果となりました。

ちなみに、ENEOSはTポイントも貯まるので(ANAカードを通した後、Tカードを入れるように促されます)、二重取りを試みたのですが、このTカードではダメなので別のTカードを通すように的なことを機械の音声に言われ、うまくできませんでした。

帰宅してENEOSのWebサイトを見てみたところ、通常はクレジットカードと併用でもTポイントが貯まるようなのですが、一部対象外のカードがあるようです。

・Tカードお得情報|カーライフサポート|JX日鉱日石エネルギー

Tカード併用1
Tカード併用2

対象外のカードの中に、やはりANAカードがありました。

Tカード併用3

ところで、相互リンクして頂いているもん太郎さんのブログで教えて頂いたのですが、2011年の給油初めはANAカードマイルプラスのENEOSで!!「ENEOS 1,000ボーナスマイルプレゼントキャンペーン!!」というキャンペーンがやっているそうです。
さっそく対象になったので、当たるといいなぁと思っています。

というわけで、Tポイントは貯まらなくても給油はANAカードマイルプラス対象のENEOSがオススメです!

(2011.1.6追記)
一部記事に不適切な内容がありましたので、修正させて頂きました。
コメントにてご指摘下さったSeedさん、ありがとうございました。