こんばんは、ジョージ滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

実は先日、長男が生まれました。
破水から始まって2日間にわたる、なかなかハードな出産でしたが(私も病院に連れて行くところから出産の瞬間までずっと立ち会うことができました)、母子ともに健康で、予定通り退院して既に親子3人での生活が始まっています。

そんなこんなでバタバタしているわけですが、ブログやメルマガできる範囲で続けて行きたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

さて、出産時の費用について、ちょっとしたマイルを貯めるためのテクニックに気がつきましたので、紹介しておきたいと思います。
これから出産がありそうな方は覚えておくとよいかもしれません。


我が家が出産の場所に選んだのは、家から車で5分ほどの総合病院です。
最近大きな総合病院では、支払いの際にクレジットカードを利用できるところが多いですが、この病院もクレジットカードでの支払いが可能でした。

そして、出産の費用は、通常50万円~60万円程度かかるので結構大きな出費なのですが、健康保険から出産育児一時金という補助金が支給してもらえます。
支給される金額は法定給付が42万円で、加入している健康保険によって付加給付と呼ばれる追加分がもらえることもあります。
ちなみに私が勤務している会社の健康保険の場合、付加給付が8万円ちょっともらえるので、合計すると50万円ちょっとになります。

とはいえ、50万円~60万円は大きな金額ですので一時金が支給されるまで立て替えておくのが大変なケースもあると思います。
このため、健康保険から病院への直接支払制度という仕組みがあり、この制度を利用すれば病院から健康保険に直接請求が行くため、立替が不要となります(退院時は給付金との差額のみ支払い)。
現在は、基本的には直接支払制度を利用するケースが多いようです。

ただし、こんなまとまったクレジットカードの支払いチャンスを逃すのはもったいない!というわけで、我が家では直接支払制度は利用せず、クレジットカードで支払ってマイルを貯めることにしました。
ANA VISAカードANA VISA Suicaカードで支払えば、50万円で単純計算しても6000マイル以上になりますので結構大きいです。

というわけで、出産時の費用についてのマネーテクニックですが、出産の際は、費用をクレジットカードで支払うことができる病院で、出産育児一時金の直接支払制度を利用しないのがお得だと思います。

ちなみに、ここからさらなるテクニックがあるのですが、長くなったのでまた別の機会に記事にしてみたいと思います。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

関連リンク
・ANA VISAカード
・ANA VISA Suicaカード

(money_tec)