マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です、こんばんは。

ANA eLIOカードがいよいよ2月末でとりあえずの終焉を迎えるということで、これまでANA eLIOカードをメインカードとしてフル活用してきた管理人も、改めて今後の戦略を検討していました。

そこで、今回から「短期集中連載企画 ANAカード徹底比較」と題して管理人がいろいろと検討した結果をご報告してみたいと思います。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック


そもそもどの航空会社のマイレージプログラムでマイルを貯めるか、というのがまず考えるべき命題としてあるわけですが、様々な面から考えた結果、やはり貯めやすさの面から当面はANAのマイルをメインに貯めて行こうと考えました。

そうなると、ANAマイルを獲得することができるクレジットカードをメインに、ということで、当初は特に考えることもなくANA JCBカードをメインに据える方向で考えていました。

ちなみにANA JCBカードと言えば、昔ANA JCBワイドゴールドカードが年会費無料キャンペーンを実施していたときに作成し、年会費無料が切れる前に解約をした後はANA JCB郵貯カードを持っていました。
そして、ANA JCB郵貯カードが廃止になったタイミングでANA JCBカードに切り替えたため、現在はANA JCBカードを持っています。

一方で、ANA JCBカードも来年からの改悪が発表され、現時点でスターα(1,000円あたり15マイル)の方であれば今年一杯は価値があるものの、来年以降は還元率が下がるために微妙な状況です。
というか、そもそも管理人の場合スターαでもスターβでもないです…。

そんな中、改めて財布の中を見てみると、もう1枚のANAカードが…(笑)。
そう、ANA eLIOカードを使う前のメインカード、ANA VISAカードです。

ANA VISAカードについては1ポイント=10マイルコースのマイル移行手数料が6,300円と聞いた瞬間に選択肢から除外していたのですが、改めて還元率を比較してみることにしました。

まず前提として、それぞれのカードのスペックは以下の通りです。

ANA JCBカード

年会費:
 2,100円(一般カード)
移行手数料:
 10マイルコース 2,100円/年、5マイルコース 無料
通常ポイント:
 ショッピング利用額1,000円あたり1ポイント
通常ポイントの移行レート:
 1ポイント→10マイル or 5マイル
ボーナスポイント:
 スターα(前年利用額100万円以上)の場合1,000円あたり0.5ポイント
 スターβ(前年利用額50万円以上)の場合1,000円あたり0.2ポイント
ボーナスポイントの移行レート:
 1ポイント→3マイル
ポイント有効期限:
 2年

ANA VISAカード

年会費:
 1,067円(一般カード、マイペイすリボによる年会費割引適用後)
移行手数料:
 10マイルコース 6,300円/年、5マイルコース 無料
通常ポイント:
 ショッピング利用額1,000円あたり1ポイント
通常マイルの移行レート:
 1ポイント→10マイル or 5マイル
ボーナスポイント:
 マイペイすリボにより1,000円→1ポイント
 前年利用額50万円以上の場合、利用額50万円で50、以降10万円ごとに10ポイント
 前年利用額100万円以上の場合、利用額50万円で75、以降10万円ごとに15ポイント
 前年利用額300万円以上の場合、利用額50万円で150、以降10万円ごとに30ポイント
ボーナスポイントの移行レート:
 1ポイント→2.5マイル(Tポイント経由)
ポイント有効期限:
 2年

その他考慮すべきポイント

いずれもマイル移行にあたって移行の都度申し込みが必要なコースと、自動的に毎月移行されるコースがあります。
したがって、移行の都度申込が必要なコースを選択すれば、2年に1回移行をすることで実質的な移行手数料を半額にすることが可能となります。

という条件を加味して、ショッピング利用額ごとに獲得マイルを計算してみました。

なお、ショッピング利用額は50万円刻みで500万円までとし、ボーナスポイントは前年も同額の利用があった前提で算出しました。
また、1マイルの価値は2円で計算しています。

(1)年間ショッピング利用額50万円の場合

ANA050

(2)年間ショッピング利用額100万円の場合

ANA100

(3)年間ショッピング利用額150万円の場合

ANA150

(4)年間ショッピング利用額200万円の場合

ANA200

(5)年間ショッピング利用額250万円の場合

ANA250

(6)年間ショッピング利用額300万円の場合

ANA300

(7)年間ショッピング利用額350万円の場合

ANA350

(8)年間ショッピング利用額400万円の場合

ANA400

(9)年間ショッピング利用額450万円の場合

ANA450

(10)年間ショッピング利用額500万円の場合

ANA500

(結論)

これらの結果から差引損益をまとめると、以下のような形になります。

ANAVISAvsJCB

グラフにしてみるとこんな感じです。
○数字は上の表と対応しています。

ANAVISAvsJCBグラフ

ちょっと見づらいので150万円までの部分を拡大するとこんな感じになります。

ANAVISAvsJCBグラフ2

結論としては、ランニングコストは高いものの、年間50万円の利用でもANA JCBカードよりもANA VISAカードの方が得、という結果になりますので、管理人のように2009年にスターαでない方は、ANA VISAカードをメインカードとして使われることをオススメします。

次回は、ANA VISAカードと、もう1つのANA VISAカード、ANA VISA Suicaカードを比較してみたいと思います。

※2009/3/24追記
コメントでもご指摘頂いていますが、ANA VISAカードでマイ・ペイすリボのボーナスポイントを得るためにはリボ払いの残高を残す必要があります。
したがって、現実的にはANA JCBカードを利用した方が効率的にマイルを獲得できるケースが多そうです。
記事作成の際に考慮不足な面があったことをお詫び致します。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

関連リンク
・ANA JCBカード
・ANA VISAカード

関連記事
・短期集中連載企画 ANAカード徹底比較(1) ANA JCBカード vs ANA VISAカード
・短期集中連載企画 ANAカード徹底比較(2) ANA VISAカード vs ANA VISA Suicaカード
・短期集中連載企画 ANAカード徹底比較(3) 2009年 ANA VISAカード(丸腰) vs ANA JCBカード(スターα・β)

(money_tec)