こんばんは、ジョージ滝川です。

先日週刊東洋経済「ポイントカード大氾濫」 という記事に書いた、週刊東洋経済「ポイントカード大氾濫」ですが、一通り目を通しましたので簡単に感想を書いておきたいと思います。
あわせて、先日購入した「ANAマイレージ完全攻略」という本についても紹介します。

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック


(週刊東洋経済「ポイントカード大氾濫」の感想)
まず、ANA、JAL、楽天のマイレージサービスやポイントプログラムについては詳細が書かれていますが、正直目新しい情報は見当たりませんでした。
ポイントプログラムや電子マネーの最新動向については興味深く読みましたが、こちらも特筆すべき情報はなかったように思います。
一方、マイルやポイントなどのいわゆる「企業通貨」の持つリスクについては勉強になりました。
例えばANAの場合、約款上、マイレージプログラムをやめますと宣言すれば3ヶ月後には制度自体を廃止できるようです。
かなりの信用リスクを伴うので実際にそのようなことが行われる可能性は低いと思いますが、交換レートの変更(=実質的には企業通貨のインフレ)は十分あり得ることだと思います。

気になった方はまだ売っていると思いますので読んでみてください。

さて、関連して、というわけでもないのですが、先日「ANAマイレージ完全攻略」という本を買いました。
ちなみに仕事のついでに立ち寄った丸の内丸善で見かけたのでSuicaで購入しました。
Suicaが使えるところ、意外と増えているような印象を受けます。

この「ANAマイレージ完全攻略」ですが、なかなか興味深く読みました。
見逃しがちな提携サービスなど、記載されている内容は初心者向けというよりもある程度マイレージに興味があっていろいろ試しているくらいの人をターゲットにしているような感じです。
なお、コラムとして裏技的な情報についても触れられています。
また、いわゆる「修行」についてもわりと細かく書かれていて、上級会員を目指してみるのもありかも?と思わされました。

記事執筆時点では楽天ブックスでは取り寄せ、amazonも3~5週間で発送、となっており、人気のようです。
管理人も何冊かマイレージ関連の本を買って読んでいますが、この本はなかなかよいと思います。オススメです!

↓楽天ブックス


↓amazon

☆さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・週刊東洋経済-東洋経済新報社

関連記事
・週刊東洋経済「ポイントカード大氾濫」

(money_tec)