こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、以前の記事、「ANA JCBカード」でも紹介したANA JCBワイドゴールドカード年会費全額キャッシュバックキャンペーンについて、改めてまとめてみたいと思います。

キャンペーンの概要

2006年11月30日までの期間限定で、新規に入会したANA JCBワイドゴールドカードの初年度年会費15,750円が全額キャッシュバックされます。つまりは、実質無料でANA JCBゴールドカードが持ててしまうということです。キャッシュバックは、2007年4月10日にクレジットカード代金引き落とし口座への入金という形で行われるようです。

ANA JCB ワイドゴールドカード

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック


さっそく、ANA JCBワイドゴールドカードの特長を見ていきましょう。

(1)クレジットカードの利用でマイルが獲得できる

クレジットカード利用額1,000円につきOkiDokiポイント(JCBのポイント)1ポイントが獲得できます。後述しますが、このOkiDokiポイントは1ポイントをANAマイル10マイルに交換することができます。つまり、還元率で言うとクレジットカード利用額1,000円あたり10マイル、ということになります。

(2)クレジットカードの利用が増えると還元率がアップする

上で書いたとおりANA JCBワイドゴールドカードの還元率は、基本的にクレジットカード利用額1,000円に対して1ポイント=10マイル相当となりますが、JCB STAR MEMBERSという制度があり、年間のクレジットカード利用額に応じて還元率の上乗せがあります。

まず、年間のクレジットカード利用額が50万円以上の場合、「スターβ」メンバーになり、翌年度は還元率が20%上乗せ(クレジットカード利用額1,000円に対して1.2ポイント(12マイル相当))となります。
また、年間のクレジットカード利用額が100万円以上の場合、「スターα」メンバーになり、翌年度は還元率が50%上乗せ(クレジットカード利用額1,000円に対して1.5ポイント(15マイル相当))となります。

加えてANA JCBワイドゴールドカードの場合、さらに上のランクがあります。年間のクレジットカード利用額が300万円以上の場合になれる、「ロイヤルα」メンバーがそれです。気になる特典はというと、翌年度は還元率が50%上乗せ(クレジットカード利用額1,000円に対して1.5ポイント(15マイル相当))となる点は「スターα」メンバーと同様ですが、さらに「ロイヤルα」メンバー独自の限定特典として、誕生月の利用に関してはなんと200%上乗せ(つまりは1,000円あたり30マイル相当)となります。

現実的に、日常の支出をできるだけクレジットカードで支払うようにすれば、年間100万円のクレジットカード利用は達成できる方も多いと思います。
還元率では、まいペイすリボ併用時のANA VISAカードには及びませんが、ANAJCBゴールドカードの利点は、まいペイすリボのような手続きが不要な点では、忙しい方や手間を嫌う方にはオススメです。普通にクレジットカードで支払うだけで100円あたり1.5マイルはかなりお得な還元率だと思います。

(3)Edy使用でマイルが獲得できる

ANA JCBゴールドカードはANAマイレージクラブの会員証も兼ねており、Edy機能も搭載しています。このため、Edyでの支払い200円ごとに1マイルを獲得することができます。もちろんパソリがあればANA JCBゴールドカードからチャージをすることができますので、コンビニなどでEdy支払いすることによってチャージをした際に獲得できるマイルとEdy支払いによるマイルの両方を獲得することが可能になります。
なお、公共料金をはじめとする支払伝票(バーコード付)のEdy支払いのほか、一部商品はEdyマイルの対象とはなりませんのでご注意ください。

(4)OkiDokiポイントを高レートでANAマイルに移行可能

前述の通り、ANA JCBワイドゴールドカードの場合、クレジットカードの利用で獲得できるのはマイルではありません。クレジットカードの利用で獲得できるのは、OkiDokiポイントというJCBのポイントになります。OkiDokiポイントから移行することでANAのマイルが獲得できる、という仕組なわけです。

このOkiDokiポイント、もちろんANA JCBワイドゴールドカードの利用で獲得できるのですが、実はカード利用以外でも獲得のチャンスが多いです。例えば、以前に紹介した「CMサイト」「mpack」といった、ネットで簡単にポイントを獲得できるサービスも獲得したポイントをOkiDokiポイントに移行することができます。

なお、通常のJCBカードの場合も、OkiDokiポイントをANAマイルに移行することができますが、その場合のレートはOkiDokiポイント1ポイント=ANAマイル4マイルとなります。一方このANA JCBワイドゴールドカードの場合、レートがOkiDokiポイント1ポイント=ANAマイル10マイルとなりますので、ANA JCBカードのOkiDokiポイントを経由した方が断然得になるわけです。

「CMサイト」「mpack」でポイントを稼いでいる方なら、この移行だけでも利用価値があり、絶対に持った方がお得だと思います。

(5)マイレージ移行手数料無料

上記の通り、OkiDokiポイントをANAマイルに移行する際の経由地として重要な役割を果たすANA JCBカードですが、通常のANA JCBカードの場合、OkiDokiポイントをANAマイルに移行するためには、年間2,100円の移行手数料が必要になります。一方で、ANA JCBワイドゴールドカードの場合はこの手数料がなんと無料となります。キャンペーンを利用すれば年会費も実質無料な訳ですから、これはものすごおくお得だと思います。

(6)入会ボーナス2,000マイル
(7)継続ボーナス2,000マイル

入会するだけで、無条件に入会ボーナスマイルとして2,000マイルが獲得できます。
また、毎年のクレジットカード更新の際に、継続ボーナスとして2,000マイルが獲得できます。

(8)搭乗時ボーナスマイル25%付与

ANAの路線に搭乗した場合、ボーナスマイルとして区間マイルの25%が付与されます。

ここで、モデルケースを基に1年間にどれくらいのマイルを獲得することができるのか試算してみましょう。

月間のクレジットカード利用10万円、うち1万円はEdyへのチャージで、チャージしたEdyはコンビニで使う、そして「CMサイト」「mpack」でOkiDokiポイント100ポイント(この程度は余裕だと思います)を獲得する、といったケースを想定してみます。

年間のクレジットカード利用額は120万円ですから、獲得できるマイルは12,000マイル。Edy支払いが年間12万円ですから、Edy支払いによるマイルが600マイル。よって、年間で獲得できるマイルは合計で12,600マイルとなります。さらに、入会ボーナスマイルが2,000マイル、「CMサイト」「mpack」からの移行分が1,000マイルで全て合計すると15,600マイルという計算になります。
2年目はスターαになっていますから、単純に計算すると年間のクレジットカード利用額120万円で獲得できるマイルが18,000マイルに増えるため、年間に獲得できるマイルの合計は21,600マイルということになります。

ANA JCB ワイドゴールドカード

それから、その他のサービスについてもゴールドカードらしいものが揃っていますので紹介したいと思います。

(9)傷害保険付帯

海外旅行傷害保険 最高1億円、国内航空傷害保険・国内旅行傷害保険 最高5,000万へ自動的に加入します。ゴールドカードらしく、付帯する傷害保険も十分な額です。海外旅行に行くたびに傷害保険に加入するよりも断然お得だと思います。

(10)ラウンジ利用

国内全国の主要空港およびホノルル国際空港の空港ラウンジが利用できます。
ゴールドカードらしい特典ですね。

(11)ANA FESTA(空港内のショップ)および全日空ホテルズの売店で10%オフ
(12)国内線・国際線の機内販売も10%オフ
(13)全日空ホテルズ朝食無料(国内・海外)およびウェルカムドリンクサービス(国内)

このあたりのサービスもお得感があります。
ちなみに管理人は機内販売が好きでいつもカタログをもらって帰ってきてしまうものの、未だ購入には踏み切れていないのですが、今度ANAに乗ったときには…、と思ってしまったりします。

(14)年末に手帳&カレンダープレゼント

管理人的にはこれ興味があります。もらってみたいです。毎年10月末日までの入会が必要となるようですが…。

(15)CLUB ANAチェックインカウンターが利用可能

ビジネスクラスの乗客、ANAマイレージクラブの上級会員向けの優先チェックインカウンターを利用することができます。個人的にはこれすごく憧れです。ちょっとしたセレブ気分が味わえるような気がします。

ANA JCB ワイドゴールドカード

なお、このキャンペーンが適用される条件は以下の通りです。

A.新規でANA JCBワイドゴールドカードに入会すること
B.キャッシュバックが行われる2007年4月10日時点で退会していないこと
C.ANA JCBワイドゴールドカード年会費を含む振替が期日通り行われること
D.キャッシュバックが行われる2007年4月10日時点で口座の登録が完了されていること
E.キャッシュバックが行われる2007年4月10日までに、一般カード等への券種変更をしていないこと

B~Eは問題なくクリアできると思いますので、Aさえ当てはまればキャンペーンは適用されると考えてもよいと思います。

また、ANA JCBワイドゴールドカードの申込基準は「原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」とのことで、他のゴールドカードと比べてもハードルは低い印象です。キャンペーン中ということもありまたとないチャンスだと思いますので、まだANA JCBワイドゴールドカードをお持ちでない方はこの機会に入会されることをオススメします。

というわけで長文になってしまいましたが、文句なくオススメです!

☆さらに得するマイレージ情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
↓ANA JCBワイドゴールドカードの初年度年会費全額キャッシュバック申込
ANA JCB ワイドゴールドカード

関連記事
・ANA JCBカード
・ANA JCBカード(2)
・CMサイト
・mpack

(money_tec)