今回から、各航空会社のマイレージプログラムの使い勝手を、特典無料航空券を手に入れたときに行ける場所ごとに比較してみたいと思います。

せっせとマイルを貯めていると、貯めること自体が目的になっていたりもしますが(笑)、せっかく貯めたマイルなので有効に使いたいものです。
というわけで、まずは近場から、ということで第1回目は韓国を見てみたいと思います。

例によって比較の対象とするのは以下の4大マイレージプログラムです。

・JAL(日本航空)マイレージバンク
・ANA(全日空)マイレージクラブ
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス

まずは、韓国に行くのに必要なマイル数を見てみましょう。

JAL 15,000マイル~
ANA 15,000マイル~
UA  20,000マイル~
NW  20,000マイル~

JAL、ANAの日系2社については、国内線と同様に15,000マイルで特典無料航空券を手に入れることができます。

次に、各マイレージプログラムで手に入れることのできる特典無料航空券で、どの航空会社を使用できるかを見てみましょう。
なお、日本~韓国間で就航している路線のうち、最もメジャーと思われる路線のみ調査対象としています。

〔成田-ソウル〕
JAL JAL 6往復
ANA ANA、UA、アシアナ航空 7往復
UA  ANA、UA、アシアナ航空 7往復
NW  NW、大韓航空 8往復

使える便数が多くて便利なのはNWということになりそうです(大半は大韓航空便ですが)。

必要マイル数も加味して総合的に見ると、ANAが一番使い勝手がよさそうです。ちなみにANAで利用できる7往復はコードシェアを含めるといずれもANA便となります。

というわけで、韓国(ソウル)に行くのであれば、管理人的にはANAでマイルを貯めることをオススメします。

(ご注意)
本記事は、管理人の独自の調査に基づくものです。調査には万全を期していますが、その正確性は保証できません。記載内容の誤りに気づかれた方は、メールあるいはコメントにてご指摘頂けると幸甚です。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・JAL(日本航空)マイレージバンク
・ANA(全日空)マイレージクラブ
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス

関連記事
・マイレージとは
・マイルの貯めやすさ(1)
・マイルの貯めやすさ(2)
・マイル計算+空港コード、航空会社コード検索
・特典無料航空券比較(1)
・特典無料航空券比較(2)


(money_tec)