今回紹介するのは、「ネットマイル」です。

名前から容易に想像がつきますが、ネットでマイル(ポイント)を獲得することができます。ポイントを獲得するためにはネットマイルのサイト経由でのショッピング、資料請求等様々な手段があります。

主な特徴を挙げてみましょう。

実質無期限にポイントを貯められる

実際は、最後の獲得から1年間ポイントの獲得がないと失効ということになりますが、簡単にポイントを獲得することができるので、実質的にはほぼ無期限でポイントを貯めていくことができます。

様々なサービスにポイントを移行できる

獲得したポイントは現金で受け取ることもできますが、ネットマイルは様々なポイントサービスや航空会社のマイレージプログラムと提携しており、ポイントを移行することができます。
例えば、DCカードのハッピープレゼントポイントに移行したり、ANA(全日空)やNW(ノースウエスト航空)のマイルに移行したりすることができます。

当然ながら、登録無料

ポイントを獲得するのに必要な手数料等はありません。
完全に無料ですので気軽に始めることができます。

というわけで、とりあえず登録しておいてお得なキャンペーンがあるとき等にポイント獲得を狙うのがよいかと思います。

なお、直接移行できるマイレージプログラムはANAとNWだけですが、ポイントを迂回させることでJALのマイルに移行することもできますので紹介しておきます。
上にも書いたとおり、ネットマイルはDCカードのハッピープレゼントポイントに移行できますが、こちらを経由させることでJALのマイルに移行することができます。しかもこの場合、直接ANAに移行する場合に比べて交換比率を1.5倍にすることができます。
一方、ANAマイルに移行する際にもDCカードのハッピープレゼントポイント、さらにTSUTAYAのティーポイントを経由することで交換比率を1.5倍にすることができますので覚えておくとよいと思います。

(マイレージプログラムへの移行例)
(1)ネットマイル 6,000マイル
 → ANA 1,000マイル
(2)ネットマイル 6,000マイル
 → DC 600ポイント
  → JAL 1,500マイル
(3)ネットマイル 6,000マイル
 → DC 600ポイント
  → ティーポイント 3,000ポイント
   → ANA 1,500マイル

なお、DCカードのハッピープレゼントポイントに移行するためにはDCカードを作成しておく必要があります。「DCカードJizaile<ジザイル>」など、年会費無料のカードを作成しておくとよいと思います。
また、ティーポイントについても「TSUTAYA Wカード」を作成しておくとよいでしょう。もちろん年会費は無料です。

というわけで、手軽にポイントを貯めて様々なサービスに移行できるネットマイル、オススメです。

関連リンク


☆なんと現在第7位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・DCカードJizaile<ジザイル>
・TSUTAYA Wカード

(money_tec)