今回は現在の管理人のメインカード、セゾンUAゴールドカードを紹介します。

管理人がこのカードをメインカードにしている理由は、なんと言っても

マイル獲得効率がよい

からです。
マイル獲得効率がどれくらいかと言うと、1,000円のクレジットカード利用に対して15マイルが付与されます。UA提携のクレジットカードはセゾンのほかUC、JCBからも発行されているので、他のカードと比較してみましょう。

UA内クレジットカード比較

他の2社が横並びなのに対して、セゾンだけが頭一つ抜けているのが分かります。

次に、代表的な4つのマイレージプログラムで提携カードのマイル獲得効率を比較してみましょう。

4社提携クレジットカード比較

UA以外の3社のカードは、デフォルトで最も効率のよさそうなものをチョイスしてみました(マイル獲得効率を上げる有料プログラムや裏技もありますので一概には言えませんが、参考のために単純比較しています)。
ここでもやはり、セゾンUAゴールドカードのマイル獲得効率のよさが際立つ結果となりました。

なお、上の表の通りセゾンUAカードには、ゴールドカードでなく一般カードもあります。年会費は1575円と手頃ながら、デフォルトではマイル獲得効率は1000円のクレジットカード利用に対してわずか5マイルと見劣りします。

しかし、マイルアップメンバーズというオプションプログラムに入ると、1000円のクレジットカード利用に対してさらに10マイルが付与されます。つまり、トータルでは1000円のクレジットカード利用に対して15マイルと、ゴールドカードと同じマイル獲得効率を得ることができるのです。ちなみにマイルアップメンバーズの参加料は年間で5250円です。一般カードの年会費+マイルアップメンバーズ参加料の合計は6,825円になります。

マイルアップメンバーズは年間の獲得マイル上限が30,000マイルと定められています。よってクレジットカードの利用額が年間3,000,000円以下でしたら、ゴールドカードよりも効率的な選択肢となります。

ちなみに管理人の場合、見栄もあって一枚くらいはゴールドカードを持ってみたいと思い、ちょうど年収が500万円を超えた若かりし頃にこのカードを申し込んで今に至っています。
今後はANAのマイルを貯めるべく方向転換しようと考えていますが、メインでないと割りきれば思い切ったテクニックを使う余地があるかと考えています(詳細は別途書きます)。

さて、ここまでセゾンUAゴールドカードのマイル獲得効率を見てきましたが、ちょっと手間のかかるテクニックを使えば、このカード以上の(実に2倍近くの)マイル獲得効率を実現することも可能です。(詳細は、「今、一番得するマイレージ 」をご覧下さい)

一方で、やはりこのカードにはこのカードの良さがいろいろあると思っています。

全く手間がかからない

マイルを獲得するにあたって、何か考えることは必要ありません。ただ普通にクレジットカードを使って、ただ普通に利用代金を払うだけです。

実質無期限にマイルを貯めていける

JALやANAのマイレージと違い、マイル自体に有効期限はありません。一応3年間という期限はありますが、3年間のうちに1マイルでも動きがあれば、有効期限はそこから3年間に延長されます。

よって、手間をかけるのは面倒だ、ということであれば、文句なくオススメです。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・セゾンUAゴールドカード
・セゾンUAカード

関連記事
・マイレージ・プラス・ダイニング←さらにUAのマイルが貯まります。


(money_tec)